漢方スタイルクラブカードの損益分岐点を超えて元を取るには?

漢方スタイルクラブカードは、高還元率カードなので、
普通に買い物や公共料金の支払、nanacoへのクレジットチャージなどをすれば、
知らない間に現金割引ポントが貯まっていきます。

が、ネック(欠点)とされているのが2年目以降の年会費1,575円。
(初年度は年会費無料)

そこで、私も持っている年会費無料で人気の楽天カードと比較して、
損益分岐点を探ってみました。

漢方&楽天
■なんだか同じJCBブランドのせいなのか、見かけがそっくりに見える(^_^;)

 

楽天カードは還元率1%分の楽天ポイントが付与されます。
一方、漢方スタイルクラブカードは還元率1.75%で、支払額から現金値引きが可能になります。
但し、年会費が1,575円。

2つのカードの損益分岐点を計算してみると、21万円になります。
具体的には、

楽天カードで21万円の買い物をすると還元率1%なので2,100円分のポイント還元。
漢方スタイルクラブカードで21万円の買い物をすると、還元率1.75%なので、3,675円分のポイント還元。

その差が1,575円分になるので、漢方スタイルクラブカードの年会費とイコールになります。
つまり年間21万円を超えて、クレジットカードを利用すると、
どんどん漢方スタイルクラブカードの方が、お得になるわけです^^

月に17,500円くらいなので、携帯電話の支払いや、電気代、ガス代などを払えば超えてしまう金額です。
nanacoにクレジットチャージをして、セブンイレブンで税金を払っても漢方スタイルクラブカードならポントが還元されるので、余計に17,500円を超えやすくなりますね。

 

更に、漢方スタイルクラブカードは初年度年会費無料だし、
漢方スタイルクラブカード到着後、3ヶ月以内のカードショッピングの利用額に応じてファーストプレゼントとして最高5,000円分が還元されたり、利用額の応じたボーナスポイントとして最高2,500円分の還元もプラスされるので、利用額によっては、年会費を払っても還元率1.75%以上になることもできます。

詳しくはこちらの記事を参照

⇒ 漢方スタイルクラブカードのファーストプレゼントについて

⇒ 漢方スタイルクラブカードのボーナスポイントで還元率2%

 

ちなみに私の場合、漢方スタイルクラブカードをメインカードとして利用しているので、
年会費を払っても余裕の1.75%以上の還元です(^.^)

ということで、メインカードとして、年間の支払額が21万円を超えるのならば、
漢方スタイルクラブカードをオススメするのですが、
実は、楽天カードも併用するとそれはそれでメリットがあったりします。

 

私の場合、楽天市場で買い物することも多いので、
楽天でのポイントアップキャンペーン時には楽天カードを利用しています!


通常期間だと、楽天市場では楽天カードを利用するとポイント2倍となっていますが、
実際は、楽天カードを利用しても1%しか還元されてません。
(楽天市場ポイントは、現金払いだろうが銀行振込だろうが1%はつくので、実際のクレジットカードポイントは1%)

楽天市場ポイント1% + 楽天カードポイント1% =楽天ポイント2倍

とうたってます。つまり楽天市場で買い物をすると還元率2%です。
が、これを漢方スタイルクラブカードで買い物をすると

楽天市場ポイント1% + 漢方スタイルクラブカードポイント1% =還元率2.75%

通常時は漢方スタイルクラブカードで購入したほうが得するわけです^^

 

ところが、楽天カードを利用するとポイント3倍とか4倍のキャンペーンが期間限定で時々あります。
実際は、楽天市場ポイント1%は関係ないので、楽天カードのポイントが2%~3%つくことに。
そうなると漢方スタイルクラブカードより楽天カードを利用するほうが得ですね^^

楽天カードは利用額に関係なく年会費もかからないので、
私の場合はこんな感じで楽天カード還元率アップキャンペーン時にだけ利用しています。

 

それぞれのクレジットチャージの特性を生かして利用すると、
ポイント還元を上手く利用できますね^^
ただし、メインカードとしては漢方スタイルクラブカードを1枚持っておくと、
何でもお得になっちゃうのは間違いありませんよ。

サイト管理人は、度重なる漢方スタイルカードの改悪で、リクルートカードへ完全乗り換え。 理由は、年会費無料なのに1.2%の高還元率。nanacoチャージでもポイントが貯まりお得!貯まったポイントもポンタに1対1で移行でき、現金感覚で利用可能なので便利すぎ!

rikuruteリクルートカード最大6,000円分ポイントプレゼント実施中