漢方スタイルクラブカードの年会費はデメリットか?

漢方スタイルクラブカードは、年会費が初年度無料で、
次年度以降は年会費が1,575円
となります。

では、この年会費を払う価値があるのか?

ですが、漢方スタイルクラブカードをメインカードとして使うのであれば、年会費を払う価値はあるはず。

 

その理由としては、
まず還元率が1.75%あるので、毎月1万円ちょっとをカード払いにすれば、
年間2,500円程度のキャッシュバックとなるので、
年会費分はクリアー出来ちゃいます。

年会費クリアー

更に、2月~翌年1月までの利用額に応じて、
ボーナスポイントがつくキャンペーンがある事。

1年間の利用額の総額が、100万円を超えれば、
2,500円分のポイントが還元され、キャッシュバック可能。
通常の1.75%にボーナスポイントとしてプラスされるので、
年会費分は十分にまかなえます。毎月8万円ちょっとです。

100万円が無理でも、58万円を超えれば、
年会費に近い金額の1,250円分のポイント還元。
毎月5万円程度です。
こちらも、通常の1.75%にボーナスポイントとしてプラスされます。

毎月の電気代やガス代などの公共料金や携帯電話代、
医療保険などの支払いを、漢方スタイルクラブカードで払うと、
すぐに5万円くらい行っちゃいます。

 

漢方スタイルクラブカードはnanacoチャージでポイント還元されるので、
nanacoで国民年金や国民健康保険、住民税、車の重量税やら、固定資産税を払えば、使ってみると8万円は楽勝。
ボーナスポイントだけでも年会費は回収できます。

漢方スタイルクラブカードでのnanacoチャージ還元率が2015年6月1日より変更。詳細はこちら

もちろん普通に1.75%の高還元もあるので、
正直に言って、漢方スタイルクラブカードをメインカードとして使ってみると、
年会費は気になりません(^^)

 

逆に、漢方スタイルクラブカードをメインカードとして使わずに、月あたりの利用金額が、「数千円しかいかない」
なんていう人には、あまりメリットがないかもしれないですね。
きっと年会費が気になるので、楽天カードあたりが良いかもしれません。

ガッツリと、公共料金や携帯電話代、nanacoチャージなどをカード一括払いして、メインカードとして使う人にとっては、年会費はデメリットにはならないです。
漢方スタイルクラブカードで高還元率を実体験して現金値引きをガンガンしちゃいましょう。

サイト管理人は、度重なる漢方スタイルカードの改悪で、リクルートカードへ完全乗り換え。 理由は、年会費無料なのに1.2%の高還元率。nanacoチャージでもポイントが貯まりお得!貯まったポイントもポンタに1対1で移行でき、現金感覚で利用可能なので便利すぎ!

rikuruteリクルートカード最大6,000円分ポイントプレゼント実施中